影響を受けやすいんです。

music magazine

こんな本を購入したので

shibuyakei.jpg

iTunesに取り込んでいなかったのをさくさくと取り込んでみた
サニーデイ・サービスのジャケットワークとかもすごく好きだった
曽我部さんがやってたりしてたはず
シングルとかもちゃんと買っていていっぱい出て来た

カヒミ・カリィもたくさんCD持っていたので
ひさしぶりにいろいろ聴いてみよう。
女性のソロのアルバムは名盤がいっぱいあるのだよな
日本の人もいっぱいある。

今聴いているのは“Bridge”のベスト。
カジヒデキがいたバンドですね、ボーカルは女性。
20年も前だけどぜんぜん新鮮ですばらしい
この頃はほんっとに良くCDを買っていたなー
都会に遊びに行くと良いセレクトのCDショップがいっぱいあったから
行くのがすごく楽しみだったなぁ。
ぜったいCD買って高知に帰ってたな。
タワレコも高知はずっとなかったしな。
あー懐かしいなぁ。
スポンサーサイト

10月の鍋つかみ。

  • Day:2014.09.26 22:27
  • Cat:縫作
10月の鍋つかみ

10月の鍋つかみ
ちょっと前に仕上がっていたのだけれど
ちょうど良い感じに似合いそうな季節になってきたな
ひとつひとつ違うのが11個
いつもよりふわっとしています

10月に向けて。

  • Day:2014.09.05 22:24
  • Cat:縫作
ジグザグポットマットあお
ジグザグポットマット8

あたらしいものをつくりだすのはむつかしい
けれどちょっとちがうあたらしいかたちやいろはつくりだせる
10月に向けて。

そんなに好きなの?

…好きなのかしら星野源
なんか最近この人のことばっかりなんか書いているような
いやなんか羨ましいのかも?
ちょっとなりたいみたいなじぇらしーが入っているのかもです
なんかだいたいそうか、みんなそうか。

「地獄でなぜ悪い」をDVDで観た
かなりの小心者びびりなので怖いとか血みどろとか映画館で観るのが苦手で
映画館へ観に行けなかった(どこまでびびりなのか)
けどこれは映画館で観ても大丈夫だった絶対!
おもしろかった、血出ても笑えるもんな。
ひとりひとりのキャラクターが良い、友近が包丁もって走るとこすばらし
すぐに2回観てしまった。
星野源のキャラはこん中ではふつう。
二階堂ふみちゃんかわいい、どんどん行ってほしいなぁ。
おもしろい映画にこれからも続きそうで楽しみ。

いっしょに「舟を編む」も鑑賞
松田龍平は仰天の方が好きかなー
オダギリジョーは良かった。
宮崎あおいちゃんがあんまし可愛く映ってなかったような。
地獄を先に観たので(笑)ね。

で今日は能年ちゃんを観て来た
1日でレディースデイでラッキーだったな
漫画の空気感みたいなのは伝わりました、海、空の白い感じ
真っ青な空じゃないキレイさ。
原作をだいぶ柔らかくした感じはありましたが意外と春山が良かった
能年ちゃんはこうゆう映画撮るにはぎりぎりの年齢
ひとつこうゆう映画撮っておいて良かったのでは(えらそうに)
もう1回観てみようと思っています(DVDでね)
中学生のころにジャニーズ映画を観に行くみたいな心境でした

「her」って映画おもしろそうだったなー
「まほろ」は予告まだやってなかったなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。